洗える仮置き用マスクケースの作り方(初心者でも簡単)

雑記

マスクを食事などで外すときに直に机に置くのも、不清潔だし見た目が悪い気がしていました。
クリアファイルで作るものも洗えないので、ウイルスや菌が菌が付いた場合意味がないので洗浄乾燥ができる布タイプで簡単に作れるものを考えました。

仮置きマスクケースの材料

生地(裏表で2パターンあるいは同じ柄でよければ1パターン)

接着芯(カバン用でも、洋服の襟など用でも)

ワンタッチホック(ダイソーで購入)

仮置きマスクケースの作り方

生地と接着芯を2枚ずつ13cmx26cmの大きさで切ります。
カバン用の場合は接着芯がしっかりしているので1枚で大丈夫です。
それ以外の接着芯は2枚ずつ用意した方が形崩れがしづらいです。

接着芯を生地の裏面にアイロンで付けます。
カバン用の接着芯の場合、マスクに触れる生地の方に接着芯をつけるのをお勧めします。
※表裏間違えないように注意。私は久々に裁縫をして、接着芯の表裏を間違えて(多分ざらざら面が糊が付いてる方)アイロン台に接着芯がくっついちゃいました。

ミシンで周りを縫います。生地を中表にして待針で止めます。縫い代を3mmぐらいで、縫い終わったら表裏をひっくり返すため、真ん中8cmぐらい開けて周囲を縫っていきます。

布がはみ出しているところを切って形を整えます。整えた後に四つ角を斜めに切ります。

開けておいた8cmの穴を使って裏表にします。端っこも棒などを使ってキレイに表裏にします。

縫い代2mmぐらいで周囲を縫います。

左右にワンタッチホックを付けます。穴を開けて取り付けます。結構固いので注意してください。ワンタッチホック以外でも、ボタンや、スナップボタンでも可愛いと思います。

完成!!

仮置きマスクケースの使い方

マスクを中央に置き、マスクの耳の輪の部分がワンタッチホックに被るように置きます。

あとは二つ折りにするだけです。

まとめ

裁縫が苦手な私でも(ミシン触るの何年ぶりだろうレベル)できたので、早い方だと15分ぐらいでできるんじゃないかなと思います。

布製なので洗い替えができ、また接着芯をちゃんとつけているので形は保て安いと思います。

簡易的ではありますが、皆さんもウイルスから身を守れることを祈ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました