鎌倉早春の梅観光2020~瑞泉寺~

鎌倉瑞泉寺の紅梅 神奈川

2020年2月17日に瑞泉寺に行ってきました。

瑞泉寺の梅

瑞泉寺は拝観受付前の梅林と本堂付近にも梅の木があります。

拝観受付前の梅は時期が少し早かったです。3月に入ったぐらいがちょうどよく咲きそうです。
梅園には小道があるので満開になると梅のいい香りに包まれそうですね。

本堂の前の梅は3分咲きでした。3分咲きでも風が吹くと梅のいい香りが広がり、春を感じます。

こちらの白梅はまだ咲いていませんでした。梅苔が目立ちますね。梅苔は梅には無害ですが、弱っている木には付きやすいそうです。

本堂付近も、紅白の梅がきれいに咲き始めました。こちらもまだ3分咲きですが、鮮やかに咲いていました。本堂付近も、拝観受付前の梅林よりは本数は少ないですが、梅の木が多く植えられています。

お寺のアクセス、周辺観光情報

鎌倉駅から約3km 歩くのは少し厳しいかもしれません。鎌20、23,24,26のバスで4駅「岐れ道」バス停から徒歩約20分(1.5km)。バス停は近くにないので、遠く感じますが、ほぼ道沿いに歩いていくので迷子にはなりにくいと思います。

鎌倉駅から歩いていく場合には、途中に鎌倉の旅定番の鶴岡八幡宮、寒紅梅で有名な荏柄神社、鎌倉宮があります。途中で寄っていくのも楽しいです。

まとめ

瑞泉寺は梅が至る所にありますが、拝観受付前の梅園は3月に入ってから咲き始め、本堂前は2月中旬から咲き始めます。一辺に満開を見ることは難しいですが、長い期間梅を楽しめることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました